WEB広告どこに配置する?

WEB広告を運用する上で大切なことを管理人は学んでおかなければいけません。

それは「見に来た人がどこを見れば鬱陶しくないか」ということです。

 

一般的に言って「ファーストビュー」を意識することが大切です。

ファーストビューとはホームページを開いた時に目に入るスクロールをしないで見えるスペースのことです。

そこに配置する広告は左上が良いでしょう。

人間の目というものは「Z型」に移動すると言われます。

画面左上から右上に行き、そこから左斜め下に移動し、右側に移動する。

これがネットを見ていて初めてそのページを見た人が無意識に取る視線移動です。

 

これを考慮に入れ、一番見てほしいWEB広告を左上に配置する管理者もいれば、一息ついた時に見える右側に配置する人もいます。

これは管理者が好き好きで行っていることなので一概には言えませんが、どの位置に広告を配置したら閲覧者が「鬱陶しくないのか」を考えておきましょう。

見に来た人が「このホームページは広告ばかりで嫌だなあ」と感じたら、それだけでそのサイトの価値は落ちます。

広告とコンテンツの割合をよく考え、自分だったらパッとサイトを開いてどの位置に広告があればよいかを直感的に感じることも必要です。

コメントは利用できません。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する