弁護士事務所におけるホームページ戦略

弁護士の世界においては、昔から口コミが最も重要な集客手段でした。

良い仕事をして依頼者が満足をすれば、その依頼者が新しい依頼者を紹介してくれる仕組みになっていました。

 

しかし、90年代後半から2000年代にかけてのインターネット・バブルの影響を受けて、弁護士事務所においても自前のホームページを作ることが当たり前になりました。

現在では、ホームページを持たない弁護士事務所は、単純にマーケティングや集客に興味がない事務所であると評価されてしまいます。

このように、弁護士事務所におけるホームページ戦略というのは極めて重要になってきています。

 

日本の弁護士事務所の中でも最大手と言われる巨大弁護士事務所のホームページは、東証一部上場の大企業に引けをとらない立派なホームページです。

弁護士それぞれの紹介ページや、業務分野の細かい説明が書かれたページなど、細部にわたって様々な工夫がなされています。

このような工夫をすることによって、弁護士事務所自体の信頼性もかなりアップしていると言えるでしょう。

 

その反面、いわゆる街弁(マチベン)と言われる一般市民を相手に仕事をする弁護士事務所でも、ホームページは最も有力な集客手段として扱われています。

ホームページを新しく作ったり、アップデートしたりするには、優良な業者に頼めば数十万円単位の費用がかかります。

それでも、現在の弁護士業界においては、ホームページ製作を疎かにすることは、ある意味で自殺行為だと言えるので、各弁護士事務所は、ホームページにかなりの労力と費用をかけているのです。

コメントは利用できません。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する