WEB広告は記憶されたインフォメーションが関わっている!

システム

インターネットをやっていると、サイドにWEB広告が表示されることがあります。

そのWEB広告が自分が検索した言葉に関係することだったり、最近見た商品だったりして、どうやらクッキーが記憶しているインフォメーションでWEB広告が表示されているということがわかりました。

 

それで、それぞれの人のパソコンではそれぞれの興味によって検索されたり調べられたりしていて、人それぞれのWEB広告が表示されているのだということです。

WEB広告は時々、興味があるものが表示されて、そこをクリックして、購入に至るときもあって、広告としては力を発揮していると思います。

興味があるものや必要があるものがすぐに表示されるWEB広告は的確な情報の元で表示されるので、欲しいものが一発でわかってしまうようです。

有名人のブログを読んだりしていても、最近自分が見た広告が再び載っていたりして情報が記憶されていることがわかります。

 

ツイッターなどではランダムにプロモーションが広告として表示されますが、こちらはそれほど的確ではありません。

いろいろなサイトを見ていて、WEB広告が表示されるシステムになっているものでは、自分が過去に検索したキーワードに基づいて表示されるようになっているのです。

コメントは利用できません。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する