このままではWEBはコピペコンテンツだらけ!

グーグルが「ユーザーに有益な良質なコンテンツを優先する」(概要)と宣言してから、世界中が「まとめ記事」「キュレーション」だらけになってしまいました。

確かにまとめ記事などは例えば「3万円台で買えるお勧めギター10本」であるとか「お葬式の香典の相場は?」など、知らない知識、解決したい課題などが一気に手に入り確かに有益です。

現在、確かにまとめ記事などはグールグが宣言した様に着実に検索上位に上がってきています。

しかし、これらの記事の信憑性は一体、どれほどでしょう?

私もサイトを持っていて先日来から「結婚にまつわる格言・名言集」なるコンテンツを作り始めたのですが、まあ、開いた口がふさがりません。
WEB上に同様の「格言・名言集」は大量にあります。
それらを参考にしてある程度ウラを取って、自分のサイトにあげているのですが、その作者が誰なのか?本当に実在したのかも分からない格言が大量にあるのです。
しかし、みんな公然と作者名を記載しています。
つまりコピペがコピペを産み、さらにそのコピペと本当かどうかもわからない情報が駄々漏れをしているのです。

まとめ記事も同様でしょう。
「3万円台で買えるお勧めギター10本」のうちの2本を頂戴して、他のサイトからまた2本とコピペすればれっきとしたまとめ記事が1本出来上がります。

WEB上をこれ以上、コピペ大会にしない様、グーグルに早期の解決を図ってもらいたいものです。

コメントは利用できません。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する