ホームページ制作をするには適格なデザインが必要

HPのデザインパターン

趣味などでブログをする場合、自分の好みだけに合わせてデザインをしますが、サイト上で何かを販売したり、ご自身の店舗などの紹介ページを作る際には、個人的趣味に走り過ぎないようにユーザーに対して効果的なデザインを考慮して作る必要があります。

ホームページを作る際、一体何が売りのホームページであるのかを一目見て判るようなデザインにすることが一般的です。

また、ホームページに訪れて欲しいユーザーは、どんなライフスタイルでどんな年齢層なのかターゲット層を想定して作成しましょう。

例えば、鍼灸院などの医療系の場合、安心感を与える緑や、清潔感を与える白や爽やかな青を使用したり、気軽に食事をするアットホームなレストランの場合は、楽しくなるようなオレンジを使用するなど色にもこだわりを持つ必要があります。

また、ユーザーにとって使い勝手の良さも考慮する必要があります。これは、ユーザビリティと言います。

例えば、ご年配の方向けの場合、老眼の方もいらっしゃるでしょうから、文字の大きさを大きくしたり、ボタンの大きさを大きく目立ちやすくしたりします。

逆に年齢層が若い場合は、インターネット慣れをしているので、このように文字を大きくしたりする必要はありません。

また、ある程度、流行りのデザインもありますので、参考として色々なホームページを見てからどんなホームページにするかを検討していくといいでしょう。

コメントは利用できません。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する