ピジョンアップデート2014年 Googleの歴史

ピジョンアップデート

Googleのローカル検索を利用するに当たっては、アルゴリズムについて意識することが必要になります。

一般ユーザーは、自分が気になっている言葉をただ検索するだけですが、ウェブサイトを本格的に活用している人などは、細かい部分まで考えていかなければなりません。
たとえば、2014年から適用されるようになったピジョンアップデートです。ピジョンアップデートとは、ローカル検索の精度や品質を高める目的で適用されるようになりました。
ローカル検索というのは、簡単にいえば地図検索のことです。

Googleのローカル検索では、検索した画面で7つの情報が表示されるのが一般的となっていました。
しかし、ピジョンアップデートが適用されるようになったことで、7つから3つへと変更されたのです。また、3つというのは最大数なので、状況によっては表示されない場合もあります。
以前から特に意識していなかった人にとっては気にならない変化ですが、重視していた人にとっては大きな変化だと言えます。
表示される数などが変更されても、特に影響が出ない人がいる反面、大きな影響が出てしまう人もいるのが事実です。
影響が出てしまった人は、ピジョンアップデートへの対応が迫られます。

もっと全体を知りたい方は、Googleの歴史もどうぞ。

しかし、鳩…。なんの関係が…?

コメントは利用できません。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する