Googleサーチコンソールの使い方【検索での見え方】

Googleサーチコンソール 検索での見え方

サーチコンソールの使い方の中でも【検索での見え方】にあるメニューをマスターすることで、自身のサイトが検索結果においてどのように表示されるのかが確認できるようになります。これは検索順位という意味でのSEO対策ではなく、サイトの質を向上させる意味で重要と言えます。

【構造化データ】

通常のテキスト以外にもパンくずリストやレビュー、画像といった情報、いわゆるリッチスニペットが検索エンジン上でどのように表示されているかの確認や、エラーのチェックをすることが可能な機能です。これらの情報が表示されることによって、よりサイトの概要が分かりやすくなるでしょう。

【データハイライター】

データハイライターを使用すればhtmlでタグ付けの記述する必要がなくなるため、構造化データマークアップが難しい場合でもリッチスニペットの追加が容易になります。

【HTMLの改善】

タイトルタグなどが重複していないか、問題点はないかといったエラーのチェックをすることができるため、ユーザーにとって利便性の高いサイトに修正したいときに役立つでしょう。

大きな問題ではないものの、こういった点にまで気を配ることでよりユーザーの目に留まりやすくなります。クリックしたいという意欲を高めるため、検索結果の順位を上げたいと考えるならば重要なツールであるといっても過言ではありません。

コメントは利用できません。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する