SEO対策ツールとして優秀なGoogleサーチコンソールを利用しよう。構造化データを導入する意味

Googleサーチコンソールは、主に自分で管理しているウェブサイトを監視あるいは管理する目的のGoogleが提供している無料のサービスです。
このサービスに登録しますと、そのウェブサイトがGoogleによってどのように評価されているのかがわかり、SEO対策がしやすくなります。

例えば、Googleサーチコンソールに登録したウェブサイトが、どのような単語あるいは文章で検索されるのかを知ることができます。
そして、その結果から多くの人に検索されるようなウェブサイトの改変が可能になります。

それから、Googleサーチコンソールを利用できる人は、アマチュアからプロまでウェブサイトに関係していれば誰でもかまいません。

Googleのような検索サイトは、ほぼロボットが自動的に稼働することで、検索サイトを構築しています。
ただし、ロボットは人と違って、htmlの文字列の意味は理解できません。
そこでhtml内の文字列の意味をロボットにも理解可能にする記述方法があって、それを構造化データと呼んでいます。

この構造化データでウェブサイトのhtmlを記述することで、Googleのような検索サイトでの検索順位を上げるの役立ちます。

コメントは利用できません。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する