SEO対策ツールにおけるサーチコンソールとアナリティクスの違い

二大SEO対策ツール

アフィリエイトやサイト運営をしている場合、検索によるアクセスがかなりあります。
その際に、検索キーワードがうまく表示されないことがありますが、サーチコンソールを利用することでそれがしっかりと表示され、また、検索結果により自分のサイトがどのように表示されるかがわかるようになります。
一方、アナリティクスはサイトにアクセスしてきた人がどこからやってきて、どんなページを見たかなど、アクセスしてからの動きがわかります。これら2つにはある大きな違いがあります。

その違いはアクセスをする前の動きを知るか、それともアクセスした後のことを知ることができるかという違いです。

サーチコンソールの場合はアクセスの前の動きがわかり、ページの表示がどれだけなされているか、検索エンジンでどのように扱われているかがわかるようになります。
アナリティクスと連携させることも可能であり、これにより、サーチコンソールの情報をアナリティクスの中で示すことができ、分析がより深くなるため、多くの人が利用しています。
アクセスしてもらえるような環境なのかを示すだけでなく、あまり上位に表示されてなければいかに上位に表示させるかなどのSEO対策を考え、アクセス数のアップにつなげるためにもこれらは欠かせません。

コメントは利用できません。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する