SEO対策上で記事の適正な文字量とは

SEO対策上の文字量

記事を書いているという方は、記事の文字数は何文字にしたほうが良いのか疑問に思ったことがあるでしょう。
適正な文字量としては、200文字程度でも良いという説や、SEO対策のために4000文字以上書いたほうが良いという説もあって、意見は分かれていきます。
短すぎても必要な情報が記載されていない可能性もありますし、長すぎても文字が多すぎて閲覧されている方の読む気を削いでしまいます。

推奨文字数としては500文字から3000文字と言われているため、そちらを参考にされてみるのも良いでしょう。
ただ、文字数が200文字や300文字程度でアクセス数が多く、成果を出しているという方は、そちらが適正な文字量となるため、文字数を色々と変えて成果が出たものが正解かと思います。
文字数以外にも、文章を読みやすくするために1行に使用する文字の数や文字の大きさなどもあるので、それらも考慮して記事を作成されてみるというのも良いでしょう。

ここまでお読みいただいてお分かりかと思いますが、【適切な文字量などない!】ということです。
適切な文字量という考えそのものが、SEO対策を意識しすぎているのかもしれませんね。
大切なのは訪問者にとって有益な情報が発信できているか?に変わりはありません。

話は変わりますが、ブログ記事を書いて報酬を得るアドセンスがあります。
アドセンスを行う場合ですと、必要な文字数として500文字以上が必要なラインとされているため、アドセンスを行うという場合は500文字以上を意識して執筆したほうが良いでしょう。

コメントは利用できません。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する