WordPressを使う時の固定ページと投稿の使い分けについて

固定と投稿の使い分け

WordPressには固定ページと投稿ページの2種類があり、初めて利用する時に迷う事があります。

WordPressの投稿ページは、ユーザーに向けて読んで欲し記事をブログのように公開します。
投稿では、投稿した日や更新日時やカテゴリーやタグやコメントなどを本文以外に表示する事が出来ます。
投稿した記事は、投稿した日付順になり、記事はRSSフィールドとして提供されるので、投稿する記事は投稿ページから投稿するようにします。

WordPressの固定ページは、投稿ページに書いた記事には関係のない、会社などのお知らせや紹介やアクセスマップなどが表示されるようになっています。
固定ページはお知らせなどの本文やタイトルが表示されるだけで、作成した日付などの表示はありません。
また、カテゴリーごとに分ける事は出来ませんが、投稿ページで作成した記事と紐付ける事ができます。
固定ページでは、いつも表示させておきたい会社へのお問い合わせや投稿した公開記事などについてを作成する時に使用します。

企業やお店などがユーザーに向けてお得な情報を伝える記事などでは投稿ページを使い、会社の情報やお問い合わせなどでは固定ページで表示するように、固定ページと投稿の使い分けをしていくとSEO対策にも繋がっていきます。

コメントは利用できません。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する