サーチコンソールとAnalytics

インターネットの普及に伴い、調べ物はGoogleなどの検索エンジンを利用する方が増えてきました。自社のホームページをどのような方が閲覧しているか、気になる方も少なくないでしょう。それらの検索結果を調べるのが「サーチコンソール(SearchConsole)」と「アナリティクス(Analytics)」であり、SEO対策には必須と言えるでしょう。
「サーチコンソール」はGoogleが提供しているWebサイト管理者向けのツールで、Googleに登録しているWebサイトのインデックス状況の確認やWebサイトへのリンクの確認を行う機能があります。以前はウェブマスターツールと言う名称でしたが、こちらを御存知の方も少なくないと思います。
一方の「アナリティクス」は該当のWebサイトに特定のタグを埋め込む事で訪問患者数や滞在時間、どのホームページから来たかなどを調べることが可能です。「サーバーログ解析型」や「パケットキャプチャ型」がありますが、いずれも専門的な知識は不要です。
また、使い勝手が良い2つのツールを連動させることでより多角的な分析が可能となっているのが魅力です。

コメントは利用できません。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する