SEO対策における発リンクの重要性

自身のウェブサイトから外部のサイトに対して貼られたリンクを発リンクと呼び、SEO対策の現場においては絶対数が少なめにした方が良いというのがセオリーです。
この基本概念は間違いではなく、アフィリエイト広告をむやみに設けすぎてしまうとSEO対策の要である検索エンジンから受ける評価が低下してしまうためです。
その理由は広告についてもれっきとした外部に向けた発リンクであるという点が関係しているためであるためですが、発リンクは質によっては意味合いが変わります。
基本的な考え方に則った事例に限った話であればセオリーはセオリーなのですが、SEO対策に繋げられる事例もあります。
発リンクの重要性がより高まるのは自分が記述した記事と関係性がある上に、価値があると認められた情報だと判断されているサイトにリンクを行う場合です。
大手検索エンジンが目指しているのは検索するユーザーにとって役立つ情報を常に届けたいという事なので、ためになるホームページにリンクを送るというのは検索サイト側からの評価が高まって当然と言えます。
そのためSEO対策を練るのなら今一度自分のサイトを見直し、有益性が高いと感じられるのならリンク数を増幅させてまだ力不足なら減らしてください。

コメントは利用できません。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する