サーバーログ解析型とGoogleAnalyticsが採用するビーコン型

GoogleAnalyticsに代表されるアクセス解析には、サーバーログ解析型など複数の種類があります。
SEO対策をする上で、アクセス解析はやっておいて損になることは一つもないので、見るだけでもいいので見てみましょう。

サーバーログ解析型とは、WEBサーバーにリクエストが来た時点で情報を記録する仕組みです。
アクセスされた時点で記録されJavascriptがオフでも情報を集めることができるので、一番正確な数値が記録される仕組みとされています。
しかしサーバーログ解析型は、取得できる情報量が増大し解析に使用するマシンに負担がかかるデメリットがあります。

GoogleAnalyticsが採用しているのは、ビーコン型です。
ビーコン型は、ウェブページに組み込まれているビーコンを介して情報を収集し解析します。
そのためビーコンを組み込んでいないページは情報を取得できず、ユーザーが表示途中で離脱すると記録されません。
またJavascriptがオフにされている場合も、情報は記録されず送信もできません。
アクセス解析は、採用している仕組みによって取得できる情報まで異なります。
GoogleAnalyticsなどアクセス解析を導入するときには、採用する仕組みや特徴を理解した上でサービスを決め必要な情報を分析するようにしましょう。

 

コメントは利用できません。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する