GoogleAnalyticsとパケットキャプチャ型のアクセスデータ取得の違い

アクセス解析ツールのデータ取得の方法は大別して2つあります。
SEO対策をする上で必要な知識です。データ取得方法まで必要かは何とも言えないですが…。
折角なので、種類くらいは知っておくと泊がつくってものかもしれませんね。

主流となるGoogleAnalyticsが採用しているのがウェブビーコン型と呼ばれるものです。
ウェブページで設定する際にヘッダの中にタグを設定するようになるのですが、この部分がビーコンを発することから決められた名称となります。

パケットキャプチャ型はウェブサーバーに流れるトラフィックを監視しており、解析マシンに情報を送信して解析することでアクセスデータの取得を行います。
このときに発生するデバイスからのリクエストは、同一のサーバでは行わず、別のサーバが記録する形式です。
この方式が採用された経緯については、現在のようにサーバのスペックがそれほど高くなく、リクエストに対する処理と保存をひとつのサーバで行うと負荷がかかりすぎるため、分散させるために考えられた経緯があります。
つまり、現在のサーバではスペックが十分にあり、リクエストの処理と保存を同一にしても問題がないため、あまり見かけることのない手法となっています。
パケットキャプチャ型は直接ウェブサイトのトラフィックを測定するため、レンタルサーバを使って個別に導入するのが非常に難しいため、基本的にはレンタルとセットで利用することになります。

コメントは利用できません。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する