SEO対策におけるコピーコンテンツの扱い

最初に申し上げておきますが、コピーコンテンツはSEO対策上最悪です。

検索エンジンの結果で最も目に付きやすい上位に位置させるためには、ウェブサイトにあるコンテンツの品質を高めつつ、独自性を持たせる事が大切になります。
つまり、SEO対策で行うべきなのはユーザーにとって役立つコンテンツが豊富に掲載されている上に、自身で手がけたコピーコンテンツではないものが取り扱われているウェブサイトという事になり、検索結果の上位に現れやすくさせられます。

一方、SEO対策の観点から良くないのは他のウェブサイトからコピーした内容で構成されているウェブサイトであり、検索エンジンのアルゴリズムは正確なのでコピーコンテンツだと認識し、順位が大幅に低下してしまうペナルティを与えられる可能性が高いです。
ただし、インターネットの特性を考慮すると理解できるように、コピーコンテンツが生じてしまうのはむしろ必然的という考え方の方が自然です。
そのため、たとえコピーコンテンツが採用されていたとしても、検索エンジンによって即座にスパムとして扱われる事は無いのですが、厄介なのは同社内で似ている事案を取り扱っていて、自然とウェブサイトで公開する内容が似たり寄ったりになってしまう場合です。
同じ管理者が管理し似た内容になってしまい、コピーコンテンツとして判断され上位に表示されなくなったのなら、ガイドラインに則って検索エンジンに報告を行いましょう。

コメントは利用できません。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する