SEO対策とディスクリプション、文字数120文字以上の扱いについて

SEO対策においてディスクリプション(meta description)の設定は大事です。
ディスクリプションタグの設定は長期的にお客さんを集めるためにとても重要だからです。
ディスクリプションとは、Webページの説明文を検索結果に表示させるために設定するタグのことです。
最適な設定をしておくことはユーザー体験において良いWebページを作成する1つの項目になります。

ディスクリプションの文字数はPC版で120文字ぐらい、モバイル版では50文字ぐらいでまとめるのがいいでしょう。
120文字以上の扱いは「…」になるので、気を付けた方がいいです。
内容もだらだらと長く書くのではなく、ユーザーがクリックしたくなるよう、分かりやすく興味がそそられるように具体的に書く方がいいです。

例えば数字などを入れてよりリアリティーが出るようにするなど工夫するといいでしょう。
しかし、120文字を気にしすぎて分かりにくい説明になりそうなら、少しオーバーしたとしてもいいと思います。「…」が気になってクリックする人もいるはずだからです。

SEO対策では、上位に表示されるだけでは意味がありません。ディスクリプションタグはページのクリック率を大きく左右し、企業のホームページの集客率にも大きく貢献します。

コメントは利用できません。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する