SEO対策においてはサブディレクトリの影響を考慮することが必要

新たにウェブサイトもしくはブログを開設するする際には、これから運営しているウェブサイトをサブドメイン又はサブディレクトリのどちらに置くべきかが悩みどころになります。
中でもビジネスに関わるウェブサイトであれば、大手検索サイトのSEO対策をする上で結果が大きく変化してしまうきっかけに繋がります。
一見名称が似ている事から混同されてしまいやすいのですが、実際は明瞭は使い分けの方法が存在しており、サブディレクトリの影響を考慮すると同一もしくはテーマが関連している新規サイトを立ち上げるのならサブディレクトリを選択すべきです。
具体例としては既に洋服の販売に纏わる会社の情報サイトが開設されているものの、新たに洋服のコーディネートに関するブログを立ち上げるという事例では、各々でコンテンツに差異がありますが洋服やコーディネートといった面で共通項が多いです。
そうした様子ではサブディレクトリの影響を考慮するとサブディレクトリにブログを置いた方が良いですし、テーマがよく似ているという事はアクセスして頂けるユーザーの趣味嗜好や目的としている情報も共通なので、SEO対策に最適です。
当然、管理者が各々のサイト情報を一元管理しやすく、各々で情報に差が生じにくいという利点もあります。

コメントは利用できません。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する