サブドメインでSEO対策効果が得られる事例

膨大な情報が溢れておりとても範囲が広いネットワーク上において、個々のネットワークやコンピュータを区別するために要する文字列の事をドメインと呼びますが、ドメインをさらに区別するためにサブドメインという設定も存在します。
サブという名称が付いていることからもわかる通り、メインのドメイン名の前部にサブドメインとなる文字列を追加し分割して用いていきます。
ウェブサイトが増幅している今日では様々な事例でサブドメインが見られますが、最も本来の目的に忠実に則った使い方をしているのは検索エンジンも兼ねたポータルサイトです。
中間部にあるメインのドメイン以降は全てのページで共通した文字列が並んでいるものの、その前の部分はページ毎に異なるサービス名などのサブドメインが付けられています。
つまり、そうしたポータルサイトのサブドメインの使い方を見るとわかりますが、SEO対策効果を意識してサブドメインを導入するのであれば、既にメインが唯一無二の高い知名度を誇っている事例では頼もしいSEO対策効果になります。
また、ポータルサイトのように統括している本元があるものの、各ページで独立性が強いコンテンツを提供しているといった事例でもサブドメインがSEO対策効果に役立ちます。

コメントは利用できません。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する