サイトマップxmlにないURLをクロールに巡回して頂くSEO対策

インターネットがまだ黎明期であった頃にはウェブサイト自体の数が少なかったため手動でサイトマップに登録し、検索エンジンの結果に表示させるといった作業が行われていましたが、現代では数えきれない程のウェブサイトが存在しているためクロールというシステムを動かしウェブサイトそのものを収集したり、記述されている内容を集めています。
当然、長い目で見た場合のSEO対策を考えた場合は、アクセスして頂いたユーザーがためになったと感じる満足度と有益性が高いウェブサイト作りをしなければならないのですが、まずはクロールに見つけてもらってサイトマップに登録してもらえるようなウェブサイトを目指しSEO対策を講じる必要があります。
ただし、近年のウェブサイトの構築においてはXMLという言語を使いウェブサイトの構築を行っている場合も多く、XMLは従来の言語とは異なる言語であるが故にHTMLでは登録されるサイトマップに登録されないという特性があります。
次第に用いられる事例が増えてきているものの、現時点ではサイトマップxmlにないURLはクロールに登録されにくいため、SEO対策をするのならできるだけ用いないようにしたり、事前に登録し巡回する候補の中に入れてもらうようにしましょう。

コメントは利用できません。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する