SSLによるSEO対策が追いつかない場合のChrome70警告回避

大手検索エンジンのGoogleは自社の検索エンジンの結果として表示させるウェブサイトに関するポリシーを改め、今後はSSLが行われているウェブサイトの存在を尊重し、検索結果においてもSSLが行われているウェブサイトを上位に表示させると定めました。
そのため、法人と個人のどちらにおいてもSSLによるSEO対策が必至になり各所で対応が急がれているのですが、ウェブ広告などから収入を得ている事例などではSSLにすると広告が未対応であるが故に、広告収入が大幅に減少してしまうというジレンマに見舞われています。
しかし、SSLによるSEO対策を行わなければ検索エンジンの上位に表示させる事ができないため、八方塞がりに陥っている中一つの有益性が高い手段として扱われているのがChrome70警告回避です。
Chrome70警告回避というのはGoogleChromeのバージョン70という事になるのですが、Chrome70警告回避を行えばSSLによるSEO対策をしていなくても上位に表示されるようになります。
そこで行うのはサーバ証明書を更新または再発行し、ウェブサーバーにおける証明書を書き換えて頂く事です。

コメントは利用できません。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する