STAFF インタビュー

「事業は人なり」とは松下幸之助の言葉ですが、Lysisは高い技術力を持った、誇るべき精鋭たちによって支えられています。
彼らとは普段から接していますが、実はわからない事だらけ。そこで、今回自社HPのためとかこつけて、インタビュー形式でLysisのエンジニア達に色々聞いてみました。
私の興味本位が第一でしたが、皆さんにも「Lysisってどんな人がいる会社なんだろう?」というのがおすそ分けとして少しでも伝われば幸いです。(笑)
しっかりとしたインタビューというよりも、雑談のような雰囲気もありますが、社風ということでそれもお楽しみ下さい。

インタビュアー:木原 武雄

スキルチェンジは与えられるものではなく、掴み取るもの

RYO SUGIMOTO

代表取締役杉本 亮

マネージャーとはどういう定義ですか?

プログラマーが製造、SEが設計、とした場合、マネージャーはプロジェクト管理と要件定義者を兼ねてることが多いですね。要件定義だけやる人を見たことない気がします。
例えば、持ち家があってリフォームかを検討しているお客様がいるとしましょう。その人は、家族構成が…、部屋数は…、リビングは…、キッチンは…、お風呂は…、でも予算は…、などの要望や条件がありますよね?
これに対して「リフォームだとここに柱や壁があるから不可能です。だからこうしませんか?そうなれば工期がこうなるから予算は…」の様なことをするのが要件定義のイメージです。だからここでしくじると、システムとしては大幅な損害が出てしまいます。
このポジションをソフトハウスに任せる例は多いとは言えないです。なので要件定義やマネージャーの経験者は少ないですね。

マネージャーや要件定義者になれた理由は?

運(笑)
プロジェクトの中で信用を勝ち得ていくと、工程が上がっていくケースがあります。事実、私も最初はそうでした。プログラマーとして現場に入ったけど、現場が鉄火場になってしまって、客先のところで説明する人がいなくなってしまった時に自分が行く事になった。そうするとエンドユーザーに顔が知れることになり、そこで「あの人良いね」と言ってもらえたのがきっかけですね。その後は、要件定義にも設計にも参加させてもらいました。
ただ、そういった現場に出会えるのは運なのかなと思います。
多分これはシステムに限った話ではなく、火を噴いている所に手を突っ込むというのが信用を得るのに一番早い、ということなんじゃないでしょうか。

悪く言えば流され、良く言えば変化してきたエンジニア人生

実際プログラマーとマネージャーの仕事の両方をやってきて、一番大きい資質の違いとは?

言われたことをきっちりこなせる、作るものに対して純度を高められる力がプログラマーに求められているものだとすると。
上流工程を担当する人にとって必要なのは、相手の言っていることを理解できる、自分の言葉で話せる事かと思います。単純におしゃべりが上手ということではなくて。問題があると感じた場合にうやむやにしない。何かズレてるなとか、誤解があるのではないか、という時に、怖がらずにそれを確認する。その様なコミュニケーション力というのでしょうかね。
それから将来的に問題になりそうな箇所を見抜く目ですかね。これは経験かもしれないけれど。

過去に自分が会った優秀なマネージャーは、どういう所が優れていると思いますか?

全体を見る目ですかね。
大きなシステムがあったとして、システムの中でも細かく細分化されたモジュールを理解しているというエンジニアは多いです。ただマネージャーは、本当は開発者も知っているべきではあると思いますが、全体を分かっている、自分の管理しているところだけではなく他のところも含め広く理解している人は優秀だと思います。
そうすると、全体像から局所的な部分に話を落としていけるので大きな問題が出にくいシステムを作るための会話が出来ますよね。そういう話が出来る人と働くのは楽しいですね。
まだ見えてない部分も含めて計画出来る人も同様に優秀だと思います。

RYO SUGIMOTO

何でこの業界を選んだ?

就職する時は単純に手に職を付けたかったからです。
でも、今置かれているポジションである、マネージャーや営業職は手に職とは一般的には言わないですよね。私のやっている事を振り返ると、悪く言えば流されている、良く言えば変わっていっている。
エンジニアになった頃から、技術バリバリにはなれないけど、コミュニケーションなら負けないと思っていました。生き残っていくには勝てるもので勝負するのが鉄則ですよね。求められるままに流される。ただ上流工程等をやりたいのというのも希望だったので丁度よかったのかもしれないです。

マネージャーに向いているタイプの人間とは?

マネージャーやエンジニアとしてではなくビジネスマンとしてになってしまうけど、意識の高い人ですね。仕事に対してクオリティの高い人はエンジニアとしても当然重宝されます。その人が要件定義者、設計者になったとしても当然重宝されるわけですよね。どんなにおしゃべりが上手で相手のことを聞くことが上手だったとしても、そこのクオリティを上げられない人は成功しないんじゃないかなと思います。


インタビュアー後記

社長さんかっこいいっすね。(笑)
彼は若い頃から自身の力で仕事を掴み取って来ました。「運」とは言っていますが、実のところ、彼だからこそそれが「素晴らしいチャンス」として捉えられたと思っています。
Lysisに入ることのメリットの1つは、彼から直接薫陶を受けることが出来ることだと思っています。1人の社会人として、彼ほど仕事に真摯に向き合い、実行している人間を見たことが無い。彼の元で、若い芽は大いに成長してくれることと思います。口は多少悪いですがね。

Copyright 2019 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する