STAFF インタビュー

「事業は人なり」とは松下幸之助の言葉ですが、Lysisは高い技術力を持った、誇るべき精鋭たちによって支えられています。
彼らとは普段から接していますが、実はわからない事だらけ。そこで、今回自社HPのためとかこつけて、インタビュー形式でLysisのエンジニア達に色々聞いてみました。
私の興味本位が第一でしたが、皆さんにも「Lysisってどんな人がいる会社なんだろう?」というのがおすそ分けとして少しでも伝われば幸いです。(笑)
しっかりとしたインタビューというよりも、雑談のような雰囲気もありますが、社風ということでそれもお楽しみ下さい。

インタビュアー:木原 武雄

システム業界は人に夢を与えられる仕事

HIROKI TERASAKA

オープン系エンジニア寺坂 拓紀

最初のシステム系の仕事を教えてください。

テストですね。
最初はがっかりした覚えしかないですね。やはり業界にはプログラムを書きたくて入ったので、人が作ったものの最終テストみたいなものだったから。けれど、現実はそういう所から入らないといけない。
でも、テストから入った事で、自分が作っているものではないので、こういう作り方があるのかと考え方が広がりましたね。

テスト現場で、プログラムを書くために何かやった事はありますか?

ありますね。
僕の場合は高校・大学と情報系を専門としてやってきているので、元々書けなくはなかったのですね。だけど業務では書ける所にはなかなか入れない。
ただ運用の仕事をやるだけでなく、運用を効率化したいと提案しました。人力で5〜6人も掛けて1ヵ月でデータを処理するという業務をやっていたのですが、余りにも非効率だったので「ツールを作りましょう」と提案して、それを内部的なプロジェクトにしてもらい、お客様からSEとしての一連を教えていただくことになり一緒に作ってみようという話になりました。結果、そこでツール作成に携わらせていただくことになりました。それでその次からはそこの開発部隊に入ったわけです。

何をやっても満点にはならないんじゃないですか?だから勉強するんですよ。

エンジニアに必要な資質とは?

謙虚さは必要だと思います。
結局仕事っていうのは人とやることなので、自分は出来るんだと態度にだしてもいい事は無いです。お客さんもそうですが、チームの人とも雰囲気を良くしていかないと良い物は出来ないので。技術力はある程度アピールしなければならないですが、自分は技術力があると思っていても”自分が自分が”ではなく、出来る方法を提案していって、他の人と一緒にあがっていかないと。自分1人で出来るわけではないので、謙虚さは必要だと思います。

あとは、何か問題があった時に自分で調べられるかだと思います。
人に聞くのも大事なことだけど、最初は分からない事に対して単語単位でもいいので、何かキーワードを挙げられるかが必要なのです。そのキーワードというのはどうしても日々勉強するしかなくて。そういう意味だと向上心が必要なのかな。

どういう心持ちで勉強していますか?

僕の場合はただ興味があるから。
ネットサーフィンしていても知らない言葉が出てきたら調べてみる。キーワードを揃えるという意味ではそれぐらいだと思っています。それが別に仕事に役に立つからやっているわけではなく、単純に興味かあるから。
例えば、「新しいツールや言語が出来た」って小耳に挟んだら調べてみる。簡単なハローワールドくらいやってみて胸に留める。そこから広げてやっていこうとはならないですね。
但し、例えば僕はゲームが好きなんですが、その技術が新しいゲーム作成に使えるとわかったら突っ込んで調べます。初めて配列を勉強した時「これはもしかしたらアイテム管理やステータス管理に使えるかな、それよりももっといい構造体がある。」という具合にどんどん調べていって身に着けていった事があります。

HIROKI TERASAKA

エンジニアとして今後向いていきたい方向とは?

とりあえずちゃんとSEとして力をあげていかないと。いわゆる開発だけではなくて、プロジェクト全体を見れるようになっていきたい。
そのためには今の自分には経験が必要でしょうね。人を束ねる経験だとか、設計書を書く経験だとか、お客さんと話す経験だとか。そういうのが絶対的に足りてないかと思います。
今の現場で設計書は書いてるので、良い経験を積ませてもらっています。

あなたの仕事はどんな仕事だと聞かれたら?

人に夢を与える仕事、ですか。
実際、僕がゲームを作りたかったのもそれが理由で、ゲーム業界に入らないでこっちに入ったのも結局は同じですね。人に夢を与えられると思うんですよ。HPひとつでも。簡単なHTML5になった時にアニメーションが強化されて楽に作れるようになった。それをやるだけでも子供たちは感動するんじゃないかなって思うんです。僕がそうだったんで。
昔HPで「ようこそ。なんたらかんたら~」って文字が流れてるのがよくあったじゃないですか。あれ、今じゃダサいですけれど、昔はあんなんでも僕の中では、「こんなことが出来るんだ」というものだったんですよ。あの時と同じような感覚を持った子供たちが、この仕事を選んでくれたらいいなと、思っています。


インタビュアー後記

歯に衣着せぬ寺坂くんを個人的に非常に尊敬しているのですが、やはり大きい男だなと感じるインタビューでした。
彼はデスクトップの時間がテキサス時間になっていたり(実話)、他社の社長と技術論を熱く語りだしたり(実話)、常にその言動に注目しています。これからもその男の背中に魅せられていくことと思います。

Copyright 2019 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する