身だしなみ

エンジニアは普段の仕事の中で新しい人に会う機会が少ない業種かもしれません。
そのせいか、元からそういった気質なのか、理由はわかりませんが、服装等に無頓着な人が多い印象です。
むしろ無頓着な人が多いからこそ、ちょっと気を遣うだけで良いのです。
「どうしたらいいのか?」というレベルではなく、「これはやめようね」というところだけクリアしていれば十分だと思いますので、下記を参考にしてください。

スーツ

ボロボロは大袈裟かもしれませんが、スーツの生地が磨り減って毛羽立っていたり、ズボンがテカテカになってしまっていたり、裾が切れてしまっていたり、そういう状態になってしまったら、そのスーツは限界です。
スーツに御礼を言って、変えてあげましょう。
下取りして購入額から値引いてくれるところもあるので、近くにないか探してみましょう。

体型は色んな理由で変化します。太ってしまった、ダイエットに成功した、どちらも大幅に変わった場合は、購入を検討しましょう。前者は体型をスーツに合わせる努力が先ですが。

個人的には青山のスーツはワリとモノがいいと思います。
2着で3万円や、スラックス2本目半額・3本目無料、などうまく利用しましょう。(…無料?)

スラックス

仕事中は上着を脱ぐことが多い事や、通勤が自転車だったりする事で、どうしてもスラックスが先にダメになりがちです。
前述の通り、スラックスだけ多めに持っておくというのはアリですね。
靴もそうですが、毎日履かないで変えてあげると持ちが違います。

シャツ

アイロンかけたり毎回クリーニング出したりは面倒だし、お金もかかりますよね。
形状記憶が楽です。
それでもヨレヨレだったり、洗っても落ちない汚れが出るまで着たら、もうそのシャツも限界です。
正直、シャツに関してはファストファッション丸出しでいっていいと思ってます。
ちゃんとした所のを1着持っていると良いかもしれませんが、通常勤務用としてはあそことかあそこので十分です。

その他

靴、鞄、ベルト、ネクタイなどについては、そんなに目立たないですし、剥げてボロボロになっていなければいいのではないでしょうか。
個人的にはベルトにお金出すのに抵抗があるんですよね。そんなに違いもないくせに、微妙に高くないですか?とは言え、ボロボロなのは見られています。勇気を出して買いましょう。
靴は目立つと言えば目立ちますね。好きな人も多いですしね。オシャレは足元からとも言いますが、まぁオシャレの話をしているわけではないので、と割り切りますね。

 

最後に・・・

第一印象は3秒で決まる、って聞いたことありますか?
これって要は見た目なんですよ。で、私の経験上、これはある程度正しいと思っています。
他人にはない自分をオシャレで表現しろと言っているわけではなく、自分をプロデュースする上で一番簡単な事をしておこうね、という話です。
それで好印象になるほど世の中は甘くないですが、入り口で悪印象を与えないのは大事なことですよ。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する