viエディタに慣れておこう

LinuxやUNIXではvi(ブイアイ)と呼ばれるエディタが一般的です。Windowsでいうところのメモ帳のようなものですが、使い方が独特ですので、ここで慣れちゃいましょう。正直言って、初心者にとってviは扱いにくいです。頭で覚えるというよりは、使って身体で覚えた方が早いと思っています。
弊社の研修日報は敢えてテキスト形式での提出としており、これの編集にはvimというWindows上で動くツールを使ってもらいます。
vim
http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/vim/

viが他のエディタと大きく違うのは、コマンドモードとインサートモードがあることではないでしょうか。
コマンドモードでは文字の入力が出来ません。
例えば、コマンドモードでxを入力すると、「1文字削除」となります。xを書き込みたい場合は、挿入モードにしてからxを入力しないといけません。

 

コマンドモード

vi起動直後は、コマンドモードになっています。
viの終了したい場合は、コマンドモードで以下を実行します。

:q 終了(quit【終了する】の頭文字)
:q! 保存せずに終了
:wq 保存して終了

 

以下に、代表的なコマンドをいくつか紹介します。
基礎中の基礎なので、ある程度理解が進んだらググってみるといいと思います。

■カーソル移動

h カーソルを左へ移動する。
j カーソルを下へ移動する。
k カーソルを上へ移動する。
l(エル) カーソルを右へ移動する。
w カーソルを次の単語の先頭へ移動する。
0(ゼロ) カーソルを行の先頭へ移動する。
^ カーソルを行の先頭(スペース以外の位置)へ移動する。
$ カーソルを行の末尾へ移動する。
gg ファイル内の先頭行へ移動する。
G ファイル内の最終行へ移動する。

 

■編集コマンド

dd カーソルのある行を削除する。
yy 行をバッファにコピーする。
p バッファの内容を貼り付ける。(バッファの内容が行の時は下に、文字や単語の時は右に)
x 1文字削除
u UNDO。変更を元に戻す。
/〔文字列〕 文字列の検索を行う。
r リプレースモードになる。カーソルの位置の文字が、次に打つ1文字に変わる。
.(ピリオド) 直前のキー入力と同じ動作をもう1度行う。
ESC (様々なモードを)キャンセルする。

 

インサートモード

インサートモード終えてコマンドモードに戻すときはESCキーです。

i インサートモードになる。次から打つ文字が挿入されていく。
I 行頭に移動し、インサートモードになる。
a カーソル位置の右の位置からインサートモードになる。
A 行末に移動し、インサートモードになる。
o カーソルのある行の下に新しい行を追加して、インサートモードになる。
O カーソルのある行の上に新しい行を追加して、インサートモードになる。

 

もうお分かりと思いますが、大文字小文字の区別をしていて挙動が違いますので、Caps Lockには気をつけてくださいね。

ここまで見ていただいても、初心者の方にとってはハテナ?でしょう。
最初に申し上げた通り、使ってみるのが早いです。とにかくやってみましょう。

日報の雛形をアップしておきますので、こちらを編集してみるのも練習になるかもしれません。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する