SEO対策とHP育成

ホームページ制作時の話

ホームページ制作業者にご依頼された場合、HPに記載される「文言」や「画像」を提出してくださいと言われると思います。リニューアルであれば、現行ホームページからの流用となります。
当然のことですし、弊社もかつてホームページを制作するケースではそうでした。
むしろお客様のお立場からしても「ホームページの文言は自分で決めたい」というのが通常だと思います。

ですが、SEO対策の面から見るとその当たり前の一歩目が落とし穴かもしれません。

 

 

SEO対策って大事?

SEO対策って胡散臭いイメージないですか?

少なくとも私はそう思っていました。
Googleのルールの網目をくぐり抜けてGoogleから規制が入って…の攻防を繰り返している印象でした。

朝日の一面に取り上げられた記事ですが、大幅な規制がかかった結果です。

せっかく作ったホームページです。沢山の方に見ていただきたいですよね。
そのためには、Googleのアルゴリズムを知り、ルールに則ってキーワード選定やコンテンツ作成を行わないと、検索ランキングは決して上がってきません。
これを行えば必ず上がるというものではなく、上記のようなことも出来ないところは絶対に上がらないというだけですが。

話が逸れました。
SEO対策が、前述した裏技を指すのであれば不必要です。むしろ、やってはいけないSEOです。
とは言え、検索結果で上位に表示されることが、多くの人に見てもらうための最短距離なのは間違いありません。そこで、ホームページを育てていただきたいのです。

 

ホームページ育成??

実は”ホームページ育成”なんて言葉はありません。弊社が好んで使っているだけです(笑)。

Googleのやりたいことはモチロン「良いホームページを上位として結果表示すること」です。
これに裏技で騙そうとしたやり方がブラックハットSEOと言われる数々の手法です。
ブラックハットをGoogleは忌み嫌っています。なにせ「Don’t Be Evil(邪悪になるな)」が彼らの行動規範なのですから。

では、よいホームページ・コンテンツとは何を指すのでしょうか。

特段難しいことはありません。
一定のルールを守り、ホームページに時間をかける、これだけです。

 弊社はそのお手伝いをしています。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する