コンテンツ ~基礎知識~

そもそもコンテンツって何?

コンテンツとは、「中身」のことを指しています。主にメディアで使われている用語です。

ホームページの場合、コンテンツとは記事の内容を指している。という解釈で間違いないでしょう。

良質なコンテンツとは

今やSEO=良質なコンテンツといわれるほど、コンテンツの質が重視される時代です。

ですが、表現がフワッとしてて良く分からないですよね?

以下に良質なコンテンツ作成の6か条を記載します。

専門性の高いトピック

専門性の高いトピックは、検索エンジンに評価されます。

言い換えると専門性の高いトピックに関連するキーワード検索された際に上位表示されやすいという事です。

何故かというと、専門性の高いトピックというのは、特殊なトピックになり、ウェブを通して発言できる運営者が限られているからだと推測できます。

ニッチなトピックは上位表示されやすいものです。

ウェブサイトを運営し、SEOを考えるのであればまずニッチなトピックから入り、少しずつトピックの幅を広げてコンテンツを制作していく事をおすすめします。

オリジナルのコンテンツ

検索スパムの中でコピーコンテンツというものがあります。コンテンツの一部が重複してしまう事は良くありますが、完全に重複していたり、ページオリジナルのコンテンツを追加・補足する事でGoogleはコンテンツの質を判別します。

似たようなトピックのコンテンツでもオリジナルのコンテンツ多く含めて差別化する事で訪問者からも評価されやすくなります。

正しい文法

検索スパムの中でコピーコンテンツというものがあります。

コンテンツの一部が重複してしまう事は良くありますが、完全に重複していたり、ページオリジナルのコンテンツを追加・補足する事でGoogleはコンテンツの質を判別します。

似たようなトピックのコンテンツでもオリジナルのコンテンツ多く含めて差別化する事で訪問者からも評価されやすくなります。

検索ユーザーが欲しい情報

SEO目的で文字数を増やしたり、インデックス数を増やす為に既に知られているような情報でコンテンツに厚みを加えたり、ページをかさ増しする事は訪問者にとって役に立たない為、評価しないという解釈になります。

ビッグワードで上位表示を狙う際にウェブ上にある情報を言い回しを変えてコンテンツを作ったとしても、似たようなコンテンツは大量にありますので上位表示への難易度は高くなります。

検索ユーザーが本当に欲しい情報は一般論ではなく、より深く解説し、具体的、客観的で役に立つ情報です。

訪問者の満足度が高い

Googleは訪問者の満足度を測定する事はできないので、被リンクの質や数で判断しています。

被リンクも全く関連の無いページからの被リンクよりは、関連するトピックや信頼性の高いウェブサイトからのリンクを評価しています。

ブックマークでの共有もこの要素に含まれています。

役に立つ情報は引用でリンクを張られたり、共有されやすい為、結果論的にGoogleが判断している要素です。

他のサイトよりも新鮮な情報を扱っている

ブログコンテンツでは、古いコンテンツをそのまま放置してしまう事も多いと思います。

また、ニュースサイトのように同一のトピックであっても常に新規ページでコンテンツを作成している方も多いかもしれません。

ウェブサイトの運営方法はそれぞれですが、運営されているブログがニュース形式でなければ、同一トピックで新規コンテンツページを作成するよりは、既存のコンテンツに追加・補足した方がSEOで有効な場合もあります。

役に立つ情報は引用でリンクを張られたり、共有されやすい為、結果論的にGoogleが判断している要素です。

実は誰も知らない「良質なコンテンツ」の定義

SEO対策をしていると、必ずと言って良い程出てくる「良質なコンテンツ」。

上記のような良質に成り得るのヒントはいくらでもあります。

ですが、Googleが何をもって「良質なコンテンツ」と判断しているのかは誰もわかりません。

コンテンツが面白い面白くないをクローラーが判断しているとは思えませんし、そもそもコンテンツの良し悪しは読み手によって決まるので「良質なコンテンツ」の定義なんてのはもともと不可能なのかもしれません。

明確な答えのない「良質なコンテンツ」論争ですが、最も意識するべきことは「訪問者の増えるコンテンツ」を心がけるべきでしょう。

Googleは自然な訪問、自然なリンクを高く評価します。

ですから、他サイトにない情報だったりが良いとされています。

極論、ひたすら毒を吐くような尖った内容のサイトでもそのコンテンツの情報がしっかりしていて、人の目を惹きつける内容なのであれば、それは立派な「良質なコンテンツ」なのです。

非常に難しいですが、様々なコンテンツを作成しランキングの変動を調べ、どのような内容が評価されているのかをしっかりと把握し、試行錯誤を続けながらコンテンツの質を高めていきましょう。。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する