キーワード選定~基礎知識~

キーワード選定はSEOで最も重要!

キーワード選定でSEOの成否が決まる!と言っても過言ではないほど重要事項です。

例えば、「賃貸 東京」みたいなキーワードだと、どうでしょう?凄まじい競合率だと思いませんか?

逆に「半身浴 飲み物」みたいなキーワードはいかがでしょう?競合率は低そうですが、仮にそのキーワードで上位表示されたところで「で!?」ってなりそうですよね。

ですからキーワード選びは非常に難しいのです。検索回数が多く、なおかつ競合率の低いキーワードを見つけることがSEO成功の近道と言えるでしょう。

キーワード ~キーワードプランナーの活用~

キーワード選定の際、これ以上ない味方となってくれるのがGoogleAdwordsのキーワードプランナーです。

必ず活用しましょう!

https://adwords.google.co.jp/keywordplanner

このツールで調査できること、調査するべきことは以下の3つです。

 

  1. 月間平均検索ボリューム
  2. 競合性
  3. 検索語句の類似キーワード

上記画像は検索結果の表示画面です。注目して頂きたいのは月間平均検索ボリューム競合性です。

月間検索ボリュームとは文字通り、該当キーワードの月間に検索される回数です。

「ホームページ制作」のキーワードだと、月間平均検索ボリュームが27,100件となっています。

ホームページ全体のキーワードに対しての月間平均検索ボリュームは少なくとも2000/程度はほしいですね。

1000件未満だとすると、頑張ってSEO対策をしたとしてもなかなかアクセス数は上がってきません。そもそも検索数が少ないですから。

また、反対に月間検索ボリュームが多すぎるのも考え物です。検索ボリュームの大きなものをビッグキーワードと呼びます。

ビッグキーワードにはそれ相応の競合サイトがひしめきあっています。(例えば「賃貸」とか検索してみてください。凄まじい件数が表示されると思います。)

ですから、検索ボリュームが多すぎるキーワードも避けましょう。目安として30000/程度を上限として考えてください。

競合性とは、該当キーワードに対する競合サイトの数です。

キーワードプランナーでは競合性を「高」「中」「低」の三段階で教えてくれます。

競合性は低いに越したことはありません。基本的には競合性「低」がベスト!

最低でも「中」を選び、「高」は避けましょう。

類似キーワード。キーワードプランナーは検索した際、親切に類似したキー

ワードの検索結果も教えてくれます。

左図は「ホームページ制作」で検索した際に出てきた類似キーワードです。

同じような意味で「web制作」「hp制作」等がありますが、いずれにせよ

「ホームページ制作」よりも検索ボリュームが少なく競合性が高いことが

わかります。

キーワード ~キーワードプランナーの注意点~

キーワードの選定に役立つキーワードプランナーですが、過信は禁物です。

キーワードプランナーで競合率が「低」と出たから、確実に競合率が低いというのは真っ赤なウソです。

キーワードプランナーを提供してくれているGoogleをディスっているわけではありません。

キーワードプランナーはあくまで広告の競合調査の為のツールです。

ですのでSEO対策としてこのツールを活用すると、ギャップが生まれるのです。

キーワードプランナーの注意点については、キーワード選定 ウソ・ホント で詳しくお教え致します。。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する