Lysis流 良質なコンテンツ

良質なコンテンツとは何ぞや!?

SEO対策をするものにとって、避けては通れない問題です。

結論から言うと、今のところ良質なコンテンツに答えはありません。

ネットで調べてもふわっとしたことしか書いてありません。

弊社Lysisも正解を導き出した訳ではありません。

ですが、Lysisとして、良質なコンテンツの定義を探し続けています。

このページではLysisの考える「良質なコンテンツの定義」をご紹介していきます。

コンテンツの文字数

まず、コンテンツの文字数としてどれくらいが良いのか。

Googleは公表していません。

 

Lysisは理想のコンテンツ文字数は7003000文字だと思っています。

 

結論を先に述べましたが、理由を説明します。

まず、下限700文字というのは検索エンジンに配慮しています。

300文字程度だと低質なコンテンツであると判断される危険性がある為です。

該当キーワードに対して十分な情報量を記載できるのかも怪しいところです。

コンテンツを作成する際は、700文字以上というのは意識して頂きたいです。

 

上限3000文字というのは、どちらかというとユーザー、つまり訪問者の為の数値です。

大体、人が気軽に読める文字量の上限が3000文字程度の為、このくらいのボリュームにすると良いかと思われます。

検索エンジンからすると、文字量が多ければ多い程評価されるのかもしれません。

ですが、ユーザーに見てもらえなければ元も子もない為、あまりにも長すぎるコンテンツは控えましょう。

無理にコンテンツを小さくするのではなく、分割したりすると良いかと思います。

コンテンツの内容

1,コンテンツのターゲットを決める

コンテンツの内容…一番頭を悩まされます。

そもそもコンテンツの良し悪しは見る人によって評価が全然違います。

例えば、「パスタの美味しい作り方」のホームページがあったとしましょう。

三ツ星レストランのシェフが見れば「そんなん知ってる」と低評価だろうし、これから初めて彼氏に手料理を作ろうとしている女の子にとっては最良のコンテンツになるでしょう。

ですから、コンテンツ作成の際にはターゲットを絞り、そのターゲットが欲しい情報を載せるのが正解だと思っています。

全ての人に好かれるコンテンツを作成するのは難しいです。ほぼ無理です。

 

ターゲットを決める際には、事前にキーワードプランナー等でターゲットの大きさを必ず調べましょう。

あまりにもターゲットが小さかったりすると、せっかくそのターゲットから絶大な支持を得ても、世間一般からは興味のない低質なコンテンツになってしまいます。

弊社のこのコンテンツは「SEOについてよくわからないが検索順位が上がらず困っている人」に向けて書いています。

それ以外の人の評価はどうでも良いです。

SEO業者が見れば「この会社、何勝手なこと言ってんの?」と思ってるでしょうが、それこそ本当にどうでも良いです。

SEO対策に苦戦している方、これからSEOに取り組んでいこうという方がリサーチの結果、多いと知り、その方々に高評価頂けるようなコンテンツ作成を心がけています。

2,コンテンツを作成する

コンテンツを作成する際、大事にすべきは

独自性

ニーズに合った内容

この2つです。

独自性とは。そのホームページでしか見れない情報が載っていることが理想です。

他のホームページから引っ張ってきたような情報は評価されません。

コピペ等、言語道断です。(というかペナルティーです。)

データ等も、他のサイトから引っ張ってくるのではなく、書籍等から。

もっと言うと、足を使い実際に取材して得たような情報は変え難い独自性となります。

ニーズに合った内容とは。

検索ユーザーが欲しい情報が記載されていること。

例えば、「美味しいコーヒー」というキーワードで検索されたとしましょう。美味しいコーヒーの淹れ方のサイトが1位にきます。ですが、検索ユーザーが知りたかったのは「美味しいコーヒーのお店」の情報だとしたら、そのホームページはニーズに合った内容ではないのです。

キーワードを設定した後、そのキーワードを凝視し、そのキーワードで検索をかけたユーザーの意図を汲み取り、ユーザーの知りたい情報を記載してあげることにより、ニーズに合った内容…良質なコンテンツになりえるのです。。

良質なコンテンツは嘘をつかない

良質なコンテンツがSEOに最も有効。

 

この事実を疑ってはいけません。

下手に衛星サイトを作ったりするのなら、本サイトのコンテンツをもっともっと充実させるべきです。

圧倒的な情報量、読んでいて飽きない記事、実用的な独自データ、コンテンツはいくらでも磨くことができます。

一所懸命コンテンツを作成し、Web上にアップして毎日のようにランキングを調べる。なかなか順位があがらないことがほとんどです。その理由はそのコンテンツの質が足りないのです。

SEO業者に相談をするような小細工ではなく、自サイトのコンテンツと向き合いましょう。公開済みの記事に追加の文言を加えてみる。違う記事をアップしてみる。カテゴリーを変えてみる。運用の中で、コンテンツが光る方法を探し続けましょう。

努力は必ず報われます。もしあなたのホームページが他のどのホームページよりも圧倒的な良質なコンテンツになったときには、間違いなくあなたのホームページは検索ランキング1位になっていますから。。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する