やってはいけないSEO

現在、SEOはザックリ言ってしまうと「良質なコンテンツ」「ナチュラルなリンク」を良しとしています。

いわゆるホワイトハットSEOというやつです。ホワイトハットSEOは全て、ユーザビリティの向上に貢献しています。

良質なコンテンツはユーザーにとって嬉しいものに決まってます。

ナチュラルなリンクも、関連性のあるコンテンツがリンクされていることは、ユーザーからすればただただ使いやすいです。

SEO(検索エンジン最適化)とは、ユーザーの求める検索結果を表示する為のものなので、ホワイトハットSEOとはGoogleの方針に則った正しいSEOといえるでしょう。

 

それに対し、ブラックハットSEOというものが存在します。

ユーザーにとって無益なコンテンツにも関わらず検索上位に表示されるような手法。

Googleのアルゴリズムの裏をかいた裏技的手法がブラックハットSEOと呼ばれます。

これらの手法は、Googleの意図するユーザビリティの向上に反した行為であり、ブラックハットSEOで上位表示されたサイトは、単純に面白くありません。

GoogleもブラックSEOを根絶する為、日夜アップデートを行っており、今ではブラックハットSEOはペナルティ対象となるやってはいけないSEOなのです。

ブラックハットSEOの種類

ブラックハットSEOには大きく分けて4つの種類があります。

「リンク系」「隠蔽系」「誘導系」「コピー系」の4種類がそうです。

リンク系ブラックハットSEO

被リンクは死にました。

 

かつて、SEOといえば被リンクの数が命でしたが、現状では逆です。

関係のないサイトからの大量の被リンクは自作リンクとしてペナルティの対象となります。

コメントスパム等のスパム行為もこれにあたる為、被リンクに命を懸けるのはやめましょう。

かといって、Googleは被リンクの評価をやめた訳ではなくナチュラルリンクの増加は高く評価している為、読み応えのあるコンテンツを作り自然にリンクが貼られることは非常に良いことだというのを覚えておきましょう。

隠蔽系ブラックハットSEO

近年はほとんど見ることのなくなった手法です。

テキストやリンクを大量に記述し、CSSで隠す方法。

今では不自然なキーワードの羅列自体がペナルティ対象ですが、一昔前は有効な手法でした。

文字色と背景色を一緒にすれば人の目にはわからない状況でキーワードを仕込めたのです。

現在では一発ペナルティなので絶対にやらないでください。

誘導系ブラックハットSEO

クローキングという手法に代表される誘導系ブラックハットSEO。

クローキングとは、人間とロボットを識別し見せるページを振り分ける手法です。

ロボットはSEOに特化したページを見せ、人間にはSEOに関係のない本当に見せたいページを見せます。

このような誘導系ブラックハットSEOも今では一発ペナルティとなっています。

コピー系ブラックハットSEO

コンテンツを作成する際、別のホームページから文章を盗用したりするのはコピーサイトと呼ばれSEO的に良くありません。

そもそも著作権法違反なのでやってはいけません。

また、同一コンテンツを複数のドメインで行う、いわゆるミラーサイトもペナルティ対象となります。

ブラックハットとホワイトハット

上記のような裏技的SEOをブラックハットSEOと呼び、そうではないものがホワイトハットSEOと呼ばれ、現在有効とされる手法なのです。

 

ホワイトハットSEOとは平たく言ってしまえば「良質なコンテンツ」「ナチュラルなリンク」のことであり、良いコンテンツを作成し拡散させることに集約されます。

簡単には上位表示はできません。

SEO業者の「被リンク10本で○○円」のようなやり方では絶対上がりません。

この先、手軽に検索順位が上がるような手法は現れないでしょう。

現れたとしてもすぐにGoogleに是正されるはずです。

SEO業者の甘い言葉は疑ってかかりましょう。。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する