WordPress 基礎知識

CMSとは?

CMSとはコンテンツマネージメントシステムの略です。Webサイトを管理、更新ができるシステムのことです。

CMSを使えば、専門的な知識がなくてもホームページの制作が可能です。

 

WordPressとは?

WordPressとは数多く存在するCMSのなかでも、最も人気があるCMSです。全世界の60%以上のシェアがあり、国内でのCMSのシェアは全体の80%以上を占めます。日本ではCMS=WordPressと言っても過言ではないほどの代物です。

では、何故WordPressがこれほどまでに人気を博しているのでしょうか。

 

1,無料で使える。

WordPressは無料で使用することができるCMSです。有料のCMSも存在しますが、WordPressが存在するせいで存在価値がないように見えます。

2,テンプレートが豊富

テンプレートとは、ホームページの外見のテーマのことです。自力で作成するには専門知識と労力が必要ですが、WordPressならその心配はいりません。WordPressには大量のテンプレートが用意されています。ブログサイトやニュースサイト、コーポレートサイト等、作成したいホームページに合わせてテンプレートを選ぶことができます。テンプレートのなかには無料のものも数多く存在します。

このテンプレートのおかげでWordPressを使えばデザイン面の心配はいりません。

3,プラグインが豊富

プラグインとはWordPressの追加機能のことです。WordPressはHTMLやPHP等の専門知識があれば何でも作れてしまいます。ですが、専門知識を持っていない方でもプラグインを使えば事足りてしまうのです。

例えば、お問い合わせフォームを作りたいけど作り方がわからない。そんな時には「WoordPress プラグイン お問い合わせフォーム」でGoogle検索すれば、多数のプラグインが出てくるはずです。

4,モバイル対応に強い

ホームページ制作の際の課題のひとつ「モバイル対応」ですが、WordPressのテンプレートにはレスポンシブデザインのものも数多く存在し、モバイル対応が容易にできます。関連プラグインも充実しており、オープン系CMSでは最も進んでいるといえるでしょう。

5,情報量が多い

全世界60%以上のシェアがある為、膨大な数の情報があります。書籍等も充実していますし、本を買うまでもなくインターネットで調べるだけで大概のことは解決してしまいます。テンプレートやプラグインの量の多さも、WordPressの圧倒的な普及率あってのものでしょう。

 

WordPressがあればホームページ制作会社は不要!

WordPressの普及に伴いホームページのデザイン技術は不要といえる程、ホームページ制作は手軽なものになりました。その為、「デザイン力」等を謳い文句にしているホームページ制作会社は無用の長物といえるでしょう。

これからのホームページ制作会社は、「良質なコンテンツの作成」「ランキングを維持する運用方法」等が求められてくるでしょう。

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する