WordPress プラグイン集

WordPressの魅力。プラグイン!

WordPressは、HTMLやPHPの知識があれば、かなり自在にカスタマイズが可能です。しかし、Wordpress最大の利点はそういった知識がなくてもホームページを作れることの為、完全に矛盾ですよね。
そんな矛盾を吹き飛ばすのがプラグインなんですね!
プラグインは簡単に導入できカスタマイズ性がグンとアップする便利機能です。例えば簡単にフォントサイズを変えたりできるプラグインや、画像を引っ張ってくるプラグイン等、多種多様です。
Lysisの勧める超絶便利プラグインをご紹介いたします。

 

SiteGuard WP Plugin

WordPressのセキュリティを向上させるためのプラグイン。
Wordpressのログインページはデフォルトだとhttp://ドメイン名/wp-login.phpとなります。これってセキュリティ上メチャクチャ脆弱ですよね。そういったセキュリティ面のサポートをしてくれるのがSiteGuard WP Pluginです。
ログイン画面の変更や、ロック機能等、セキュリティ対策に必須なプラグイン。一番初めに入れるべきプラグインでしょう。

 

TinyMCE Advanced

記事を書く際に大変重宝するプラグインです。
Wordpress上のエディタって、デフォルトだと少し使いづらく細かな設定に戸惑います。
TinyMCE Advancedを導入することにより、「見出し」「文字の大きさ」「文字色」等が自在に変更できるようになります。
デフォルトで入っていても良いくらいの有能さ故、必ず導入しましょう。

 

Google XML Sitemaps

SEO対策をする際、必ず用意しなければいけないものがサイトマップです。
Google XML Sitemapsは自動でサイトマップを作成してくれる素晴らしいプラグインです。
また、それだけで終わらないのがこのプラグインの凄いところ。Google XML Sitemapsを導入すれば、その後ホームページを更新するたびに自動でサイトマップを作成し自動でGoogleへ送信してくれます。
ホームページのコンテンツが出来上がり、公開する際には絶対に入れておきたいプラグインです。

 

Duplicate Post

記事ページを作成やカスタマイズした際、そのページを雛型に他のページを作成したいと思ったときに役立つプラグイン。
Wordpressにはページの複製機能がありません。ですが、Duplicate Postを導入すれば簡単にページの複製が可能になります。
ページの複製はSEO的には非常にマイナスなので、そのまま公開することのないよう注意してください!

 

Shortcodes Ultimate

投稿した記事一覧ページを作りたい時には、このShortcodes Ultimateを使うと簡単です。

■簡単な手順まとめです
0.Shortcodes Ultimateをインストールし、有効化
1.固定ページの新規作成
2.(タイトル下の)ショートコードを挿入をクリック
3.(左下にある)投稿をクリック
4.表示したいカテゴリを選択(複数も可)
5.全て表示したい場合は【1ページあたりの投稿数】に【-1】を入力
6.(一番下の)ショートコードを挿入をクリック

簡単ですよね?過去の良記事もこれで見てもらいやすいかもしれません。

 

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する