料金・サービス

LysisのSEO対策サービスの最もスタンダードなプランです。
その内容を業界一を自負するわかりやすさで徹底解説いたします!!

サービスとしては定番中の定番ですが、これだけ書かれても何をしてくれるのかわかりませんよね。
そこで…「これを読めば自分でも出来る」くらいまでしっかり書いちゃおうと思います。
完全に手の内を大公開です!

1.流れ

一番シンプルに図示するとこの様になります。
診断をした上で、キーワードを考え、それに沿ってページを作ります。
その結果を分析し再考した上で同じ取り組みを繰り返します。

PDCAサイクルのようなもので、シンプル且つ当たり前のことですが、やっている会社はそう多くないはずです。

2.サイト診断

ここからは実施する内容について細かい部分に触れていきたいと思います。
サイト診断とは、ご依頼のあったホームページ(以下、サイト)がどの程度SEO対策に則った作りになっているかを診断するものです。
具体的にいくつか例を記載すると、

新コンテンツ更新頻度
インデックス数
sitemap.xmlの設置
titleの記載方法
descriptionの記載方法
h1の記載方法
keywordsの記載方法
ドメイン年数
常時SSL化対応
Wordpressの導入

それぞれの説明は後述しますので、ここでは割愛しますが、一般的に効果が高いものというよりは、弊社が経験してきたことの中で効果が高いと判断しているものをベースにしています。

3.キーワード選定

実は、SEO対策会社の多くはこの工程をお客様任せにしています。
お客様のご要望キーワードを上位表示するのが最善ですが、どんなキーワードでも上げられるというのは正直言って傲慢です。こういった会社の多くは先払いです。
やれることが限られている以上は、その中で結果の出せるベストなキーワードをご提案します。

軸になりうるキーワードを複数挙げ、それと組み合わせるキーワードを考えます。組み合わせるのは、地名だったり、意志意欲だったり、詳細情報だったりと様々です。
それらの組み合わせで、競合調査や内部コンテンツとの親和性から判断します。
判断といっても、先に図示したように見直しを繰り返すので、仮決定に近いかもしれませんね。

4.新規ページ更新

SEO対策の最重要事項】にもあります通り、SEO対策で最重要としているのは更新です。
更新といっても既存ページを修正するではなく新規ページを作成する、つまりサイト自体を更新していくという意味の更新です。
実は、、、更新といっても、ただ更新していてもダメなんです。恐らく上位表示はされません。
更新をする際に、最低限の知識と技術力が必要になります。
ここが弊社の腕の見せどころの一つではあるのですが、弊社のサービスで「何をどうするのか」は知りたいですよね、ということで公開します。
下記されているものを実施すればご自身でも上位表示は出来ると思います。

4-1.タイトル

サイトの各ページにはタイトルがあります。HTMLでいう<title>…</title>で囲まれた部分です。
表示上は、ブラウザの上の部分といいますか、タブの部分といいますか。。

タイトル

point:
ここに先に決めたキーワードを使う。それだけです。
もう一点、これは以降のディスクリプションもそうなのですが、コピーしたものを使わないでください。

4-2.ディスクリプション

HTMLでいう<description>…</description>で囲まれた部分です。英語そのままで「説明」なのですが、表示上はわかりにくい部分に出ます。
検索結果にそのページが表示された際に、タイトル下の説明部分がこれにあたります。
重要なのは人の興味を引く文章にすること、これがイマイチだとクリックしてもらえませんから。次にキーワードを含めることです。

point:
一般的には120文字までなのですが、もしスマホで見られることが多いサイトなのであれば、100文字を切るくらいの方が良いでしょう。
タイトルよりも目立ちにくい(上位表示されないと気付かないため)せいか、これをコピーしているサイトはとても多いです。
ですが、コピーは絶対にやめましょう。内容と不一致を起こす可能性も気になる所ですが、それよりも、Googleがこれをとても嫌います。
せっかく頑張って更新作業を続けているのに、コピーコンテンツ扱いを受けて評価を落としては本末転倒です。

 

 

4-3.sitemap.xml

サイトマップなのですが、所謂サイト内に作られたサイトの全体像がわかるアレではありません。
記載の形式が決まっており、どのページがいつ作られたもので最終更新日がいつかわかるようになっています。

point:
Googleはこれを見て、更新頻度やページ量などを確認しています。
更新作業を頑張ってもこういった知識がないと無駄に終わってしまう可能性があるのはSEO対策の怖いところです。
どうせやるのであれば、最低限の知識と技術は身に付けましょう。このページにあることだけでも十分ですので。

4-4.内部リンク

サイト内部で貼られているリンクのことです。
例えば、トップページから各詳細ページにリンクが貼られていたり、記事から記事へリンクが貼られていたり、といったことを指します。
これが全くないサイトは存在しませんが、なるべく単発で終わらないように意識してあげるとよいでしょう。
その際には、リンク先ページのキーワードをきっちり含んだ形でのリンクが望ましいです。
よくある「コチラ」はダメ、と覚えていただければOKです。

4-5.発リンク

外部サイトに御社サイトからリンクを付けることを発リンクと言います。
被リンクが評価されるのは理解しやすいですし有名なことなのですが、発リンクも評価されることを覚えておきましょう。
その際は誰も知らないようなサイトではなく、Googleが評価しているサイトに発リンクすることを意識してください。
理屈としては、良いサイトを紹介しているサイトだから発リンク側も良いサイトなんだろう、とGoogleは考えます。
良いサービスを扱っていたり、良い情報を公開しているサイトは自ずと評価も上がりますので、あくまでも良い情報を掲載するという視点で取り組めば問題ないです。

4-6.更新

先のsitemap.xmlでも記載しましたが、sitemap.xmlは最終更新日がわかるようになっています。
これは作成日とは別途管理されています。
ですので、「作りっぱなしのページではなく、逐次アップデートされている」かどうかをGoogleはチェックしていると思ってください。
弊社では、新規作成ページと更新ページを分けて考えています。
どちらかだけやっていれば良いというわけではない、と、ご理解ください。

4-7.文字数

「適正な文字数は何文字ですか?」
と聞かれるのですが、何文字でも良いです。
100文字で済む情報を1,000文字にしたところで、訪問者にとっては迷惑です。
逆に3,000文字使ってしっかり説明したいところを500文字に圧縮したら、伝わるものも伝わりません。
文字数に関して、意識しなければいけないのはGoogleではなく訪問者としています。
訪問者にとって良いサイト・情報を掲載することを考えることのほうが、この場合は重要です。

5.コンテンツ改善

新規ページ更新、が一番大切とは書きましたが、こちらも重要です。
なぜ一番じゃないの?ですが。これは「お客様に依るため」です。
ユーザに貴サイトを訪問してもらうためには魅力的なサイトでなければなりませんが、どのページにどんな力をかけていくのかは千差万別です。
また、製作時や運用過程でのミスがそのまま残っているというのはよくあることで、それを直していくのもここでの大事な作業です。
SEO対策上優れたページというだけでなく、訪問者にとって良いサイトであるお手伝いをさせてください。

6.サイト分析

SEO対策同様、専門書が山ほど出ている分野ですね。
弊社もサービスの一つにサイト分析はご用意しております。WEB分析とは、いわば振り返りであり反省です。
企業の多くは、なぜかこの反省作業を嫌う傾向にあるように思います。
代表的なものに、Analytics、Search Consoleがあります。どちらも無料ですので、とりあえず使ってみましょう。
最初は、見るポイントを絞っちゃいましょう。
どちらもサイトとツールを連動させる必要があります。

6-1.Analytics

ポイントを絞ると、訪問者数(ユーザー数)、直帰率、どのページが見られているか、の3点でいいです。

訪問者数 サイトに訪れた人の数です。勿論多いほうがいいですね
直帰率 最初に見たページでサイトから離脱してしまった人の割合です。少ない方がいいです
閲覧されているページ サイトの人気ページを把握しておきましょう

6-2.SearchConsole

キーワード毎に確認が出来ます。サーチコンソールの見方でも説明してます。
ポイントを絞ると、クリック数、表示回数、掲載順位、の3点でOKです。

クリック数 そのキーワードで表示された際にクリックされた数です
表示回数 そのキーワードで検索された際の御社サイトの表示回数です
掲載順位 対象期間内の掲載順位の平均です

Analytics・SearchConsoleで出来ることはこんなもんじゃない!とのお叱りはごもっともです。
ですが、この手のツールはやったことのない人にとってはハードルが高いものだと思います。自分でやってみるには上記の情報がわかれば十分です。
勿論、弊社の報告書もこれらのツールを使って情報収集し分析をいたします。

7.継続

SEO対策で最も大事なのは、更新することです。(最低限のマナーやルールを知った上で、ですが。)これはそこまで難しいことではないですよね。
では、最も難しいのは何だと思いますか?
続けることです。
うまく結果が出なくても、忙しい時でも、どんな時でも続けていかないといけません。
皆様に置かれましても本業がお有りの中での対応になると思います。ここまでに記載してきたことを休まず続けるのはかなり大変だと思います。
継続、これが出来そうで出来ない、一番難しいことです。ですが、諦めたら100%結果は出ません。

お問合せ

SEO対策に限らず、WEB広告、販促、EC、ホームページ制作、システムなど、ITに関わることなら何でもご相談ください。
あなたの力になりたいのです。

 

Copyright 2018 東京・千葉でシステム開発・SEO対策する